About Bellwood Records

 ベルウッド・レコードとは?

ベルウッドロゴ のコピー

ベルウッド・レコードは三浦光紀というキングレコードのディレクターの手によって1971年にリリースされた「上條恒彦+六文銭」の『出発の歌』の大ヒットがきっかけとし、1972年にキングレコードの社内レーベルのような形で正式に活動を開始しました(法人化は1973年)。その記念すべき第1弾としてリリースされたシングルは「あがた森魚」の『赤色のエレジー』であり、発足当初は関西フォーク系(URCレコード/音楽舎/アート音楽出版など)との提携を主軸にしながら、東京独自の新しいアーティスト「六文銭」(及びそのメンバーのソロ作品)や「あがた森魚」「はちみつぱい」といったアーティストを世に送り出していきます。その後「はっぴいえんど」「六文銭」「高田渡」「加川良」「シバ」「ディラン」といったURC系列のシンガー・ソングライターのアルバムをリリースし、1978年のその活動休止までにLP 90タイトル、シングル 48タイトルをリリースしています。その当時から語られる音楽シーンでの存在の異端さは数多くのレーベルフォロワーを抱える日本でも類い稀なレーベルとして今なお多くの音楽ファンの間で認知されています。

1978年の第1期休止、その後の休眠状態を経て2001年に新人発掘の他、過去作品のカタログを積極的にリイシューする形のレーベルとして復活しました。1970年代日本のロック・フォーク黎明期に示した「永遠のオルタティブレーベル」のDNAをコンセプトに現在は新しいアーティストの発掘や育成を中心に、音源の制作/製造/流通を行うメジャーレーベル系のインディーズレーベルBellwood Records」音楽系アーティストのマネージメントを手掛ける「BELLWOOD ARTISTS2つセクションを軸にしながらその運営を行っています。来る2022年には創業50周年を迎えます。

  • キングe-shop
  • ベルウッド・レコード株式会社の採用情報